屋根の種類と太陽光発電

私は川越市在住なのですが、近隣住宅との日照の関係で屋根を片側だけに配置する片流れ屋根の住まいに居住しています。
この度、この屋根に太陽光発電を設置しようと考えました。
屋根の種類によって設置工事や発電量に影響するそうなので、近隣の屋根とは少し異なるタイプなので不安に思いながら、業者に連絡をとってみました。
片流れ屋根でも、方角が南向きや南東など太陽光を集めやすい方向を向いていれば、大丈夫だと分かりました。
むしろ、他の屋根のタイプに比べると、設置面積が広くとれるため、大容量の太陽電池パネルの設置が可能だそうです。
これに方角のメリットが加わると、発電量もたっぷりと確保でき、非常に効率がいいと言われ安心しました。
ちなみに、片流れ屋根に合ったタイプの太陽光発電システムとしておススメのメーカーは東芝やソーラーフロンティア、長洲産業だそうです。
メーカーにより太陽電池モジュールのサイズや形状の開発度合いが異なるんだそうです。