Archives

太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電を導入するということで戸田市では、
いろいろな勉強会が行われていることもあります。
その勉強会なのですが、太陽光の発電システムの仕組みというものです。
いったいどのようにして電力が作られていくのか、
というようなことを知ってから導入を進めたいという方も多いのです。
ではどのように電力が作られているのかと申しますと、
まずは太陽電池モジュールがあります。
屋根に掲げられているものがその太陽電池モジュールです。
太陽光のエネルギーを吸収しまして、電気に変えていくようになっています。
その太陽電池モジュールで作られた電気は、パワーコンディショナに送られます。
そのパワーコンディショナと接続箱というものに送られますと、
使える電力に変換をしていくことができるのです。
太陽電池で作られた電気はそのままでは使えませんので、
そのように段階を踏んでいくものになっています。
そして電力を使えるものに変換をしましたら、
分電盤を通っていくものになっています。
その分電盤についてなのですが、家中に電力を送ることができるようになっています。
家で電力を使う時にはそれが大きな役割を果たしてくれるというわけです。
結果的に、昼間など発電量が多い場合には電力会社に売電をしていくことになります。
使いきれない電力は売電できるというありがたいシステムになっているのです。
また、その発電システムなのですが、
現在の発電量や現在の電力消費量などを確認できるようなメーターもあります。
そちらを見ていくようにしていくのもよろしいでしょう。