アフターケアの質で選ぶなら

太陽光発電システムにかかる費用は導入時の費用だけではありません。太陽光発電は一度設置したら20年以上働いてもらわなければならないのですから、そのためには機器を交換するための費用や定期点検のための費用、そして、保証のための費用なども必要になります。
太陽光発電メーカーをメンテナンスや保証といったアフターケアの観点から比較した時、京セラの評判がとても良くなっています。そもそも、現在では業界で当たり前となっている10年間の長期保証も、はじめて行ったのは京セラでした。10年保証の期間内であれば、正常使用内での故障であれば修理・交換が無償になるので必ず保証に入るようにしましょう。
注意したいのはメーカーによって保証内容に違いがあるということです。ですから、太陽光発電の導入前には保証内容についてしっかりと確認しておく必要があります。保証内容を比較するときにチェックするべき重要なポイントはいくつかありますが、たとえば故障原因の確認はその一つです。
同じ10年保証であっても故障原因によって保証が適用されない場合があります。あるメーカーでは落雷・台風・火事・洪水による故障のすべてが保証されるのに、別のメーカーでは洪水による故障は保証されなかったりすることがあります。また、中には詳しい内容を示さずに単に自然災害とだけ表記しているところもありますが、こういった曖昧な表現はあとあとトラブルの原因となりかねません。京セラでは落雷・台風・火事・洪水による故障のすべてに保証が適用されるため、安心して利用することができます。
また、京セラでは4年に1回の定期点検を制度化しています。このメンテナンスは1年目・4年目・8年目に行われ、初回だけは無料で2回目・3回目は有料になります。こういったメンテナンスをしっかりと受けることで設備の劣化が防げます。見た目は何も問題がないようでも、部品の一部が劣化していて発電効率が一定の数値まで達していないということもあり得ます。このようなことがないように、しっかりと診てもらいましょう。